会社概要会社概要 サイトマップサイトマップ お問い合わせお問い合わせ

 マウロの覚書注解フランス十七世紀の舞台装置 

フランス十七世紀の舞台装置  マウロの覚書注解

冨田 高嗣 著, 戸口 民也 著, 橋本 能 著
A5判 320ページ 並製
定価:6800円+税
ISBN978-4-411-02243-1 C3074
奥付の初版発行年月:2019年02月/[2019年02月15日刊行]
近日刊行予定

内容紹介

 通称『マウロの覚書』Le Mémoire de Mahelot 1 は、フランス17世紀の代表
的な劇団であるオテル・ド・ブルゴーニュ座Troupe de l’Hôtel de Bourgogne
の舞台装置家たちが上演に使用する装置や大道具・小道具を記した手控え
帳ともいうべきものである(以下、本注解では『覚書』とよぶ)。この『覚
書』が書かれた状況はいかなるものだったのか。
 まずはその流れを劇団と劇場を中心にたどり、ついでフランス古典主義演
劇の劇作術を特徴付ける「規則」について述べ、『マウロの覚書』の現代的意義について考えてみたい。
 その後、『覚書』に収められた目録の作品とメモに注解を施す。

目次

第 1 部『 マウロの覚書』とフランス17世紀の舞台装置
 第1章 フランス17世紀の演劇状況
 第2章 『マウロの覚書』とは何か
 第3章 作品の上演年代 23
 第4章 「オテル・ド・ブルゴーニュ座 Ⅰ」
 第5章  「オテル・ド・ブルゴーニュ座 Ⅱ」と「コメディ=フ
     ランセーズ」
 第6章 『マウロの覚書』の現代的意義
第 2 部『 マウロの覚書』注解
 凡例
 本書に収められた作品の目録
 舞台装置のための覚書
  第1章 オテル・ド・ブルゴーニュ座 Ⅰ
  第2章 オテル・ド・ブルゴーニュ座 Ⅱ
  第3章 コメディ=フランセーズ
あとがき
 目録中のメモのない作品
 参考文献
 作品名索引
 作者名索引
 作品名、作者名の原語・邦語対照表

コメントを残す


駿河台出版社 Phone 03-3291-1676 〒 101-0062 千代田区神田駿河台3-7
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。
掲載されている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。駿河台出版社の社員によるもの、上記以外のものの著作権は株式会社駿河台出版社にあります。 書影を除く書誌情報は、販売・紹介目的に限り利用を認めます。