会社概要会社概要 サイトマップサイトマップ お問い合わせお問い合わせ

 韓国を知れば日本がわかるあなたは本当に「韓国」を知ってる!?

あなたは本当に「韓国」を知ってる!? 韓国を知れば日本がわかる

権鎔大
四六判 356ページ 並製
定価:1600円+税
ISBN978-4-411-03099-3 C0095
奥付の初版発行年月:2015年12月/[2015年12月10日刊行]
在庫あり

内容紹介

長年日韓の間で仕事をしてきた著者が感じた日本と韓国の社会・文化の違いを両国が歩んできた歴史を踏まえユーモアたっぷりに描く。
日本と韓国のはざまで生きてきたからこそ見える日本と韓国のこと。
韓国を知れば日本がわかる!

版元から一言

女優の黒田福美さんから本書の書評をいただきました!
 

 この本は在日韓国人である筆者による、体験的「日韓比較文化論」である。
筆者は私たちがイメージする日本で生活してきた「在日韓国人」像とはちょっと違っている。

 60年代後半にソウル大学に留学卒業し、その後韓国人として兵役の義務を果たす。筆者にとっては母国語とはいいがたい韓国語での生活に苦労は絶えない。時には公安にあらぬ疑いをかけられながらも必死に「韓国人になろう」と志す。
ある意味「激しく韓国を志向した」といえるかもしれない。そんな「特異」な在日韓国人である筆者の視線を通した韓国文化論なのである。

 日頃の筆者の飄々とした佇まいから、これほどまでに「韓国人たらん」と身もだえした時代があったことを本書で知って、その切ない思いに胸が熱くなった。

 在日の方々は大きな行事があると、まめまめしく海を渡り祖国でのセレモニーに参加する。日本全土から数百人もが集うのだ。祖国の発展を祝賀し、発展に寄与するために寄付も労苦も惜しまない。私もそのような場面に何度か参加させていただいたが、祖国韓国側の対応は彼らの思いに比してなんとも「冷淡」と感じずにはいられなかった。
それでもなお祖国に尽くそうとする姿にいささかの違和感を感じて「何故そうまでするのか」と尋ねたことがある。
すると筆者は「祖国に対する強烈な渇望なんだよ」とキッパリと言い切った。
その言葉を感慨深く受け止めた。

 十数年前、実は私もこのような日韓比較文化論を書いたことがある。『隣の韓国人~傾向と対策』と銘打った。サブタイトルにあるように「隣人の傾向を理解して、無用なトラブルを回避し、あらかじめ対策を講じよう」という思いを込めた。どんな業体も経験から得た失敗と教訓を「自分たちの経験」として学習し堆積させる。しかしなかなか他者には伝播しない。そして同じような初歩的トラブルを相変わらずあちらでもこちらでも延々と繰りかえしている。

 文化的にも経済面でも日韓交流が深まるほど、このような民族の意識差異によっておこるトラブルは増え続ける。そのような問題点を「解説することで解決」できないかと試みた。
 
 この本もまたそのような筆者の思いが込められている。
軽いタッチで日常のいろいろなエピソードが数珠つなぎになっている本書。日本人から見たら「へえ~」と思うようなことの裏側にある、行動や思考の違いを面白く書き綴りながら、日本人と韓国人との民族性の違いを紐解いてゆく。

 この本を読みながら、気づいたことがある。
 それは私の場合は無意識に「日本人の側に立って、日本人に解説しようとしていた」がこの本の筆者はやはり「韓国人の立場」から日韓の差異を解説していることだ。

 「嫌韓本」と呼ばれる本を含めて、韓国を解説する本は近年とみに多いが、意外にも韓国人の立場からその文化差異を紐解く本は多くはない。
 しかも韓国に於いて、時には学生であり、兵士であり、企業人であったという多様な経験と、日本に生活の基盤を持つ今、民間人はもとより日韓の政財界人、官僚、文化人などなど、幅広い交流と、それによる深い体験と知見を持った筆者のような存在はほかに類を見ない。

 そのような意味で本書は異色な本である。筆者が今後日韓の狭間で「得難い人材」として大いに活躍してくれるであろうことを期待している。

 この本は筆者の処女作であり、まずは一般向けに日常的なやさしいエピソードを連ねた感がある。
 しかしディープに韓国と関わったことのある読者からすると、たとえば「『歴史認識』にこれほどまでに違いが生じた背景になにがあるのか」、「昼は反日、夜は親日」と言われるように「日本人に対して複雑な対応を見せる背景にどんな感情があるのか」といった硬派な問題に対する意見も聞いてみたい。

次作もまた楽しみである。
                             黒田 福美

著者プロフィール

権鎔大(ゴンヨンデ)

ソウル大学史学科卒業、同新聞大学院(マスコミ)修了
日韓交流お祭り協会理事兼事務局長、芝パーク総合法律事務所顧問、アシアナアカデミー講師、元アシアナ航空日本地域本部長・中国本部長、新聞寄稿・講演多数

目次

まえがき
第一章 人災の国 韓国 天災の国 日本
第二章 情の国、韓国
第三章 韓国を知りたければドラマを見よう
第四章 韓国とお酒とビジネスと
第五章 日韓文化のあれこれ
第六章 韓国人はどう生きてきたか
あとがき

One Response to あなたは本当に「韓国」を知ってる!?

  1. Pingback: 『あなたは本当に韓国を知ってる!?』 | アシアナスタッフサービス ASSI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


駿河台出版社 Phone 03-3291-1676 〒 101-0062 千代田区神田駿河台3-7
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。
掲載されている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。駿河台出版社の社員によるもの、上記以外のものの著作権は株式会社駿河台出版社にあります。 書影を除く書誌情報は、販売・紹介目的に限り利用を認めます。