会社概要会社概要 サイトマップサイトマップ お問い合わせお問い合わせ

SNSでつぶやく毎日の韓国語(CD-ROM付)

SNSでつぶやく毎日の韓国語(CD-ROM付)

古田 富建 著, 倉本 善子 著
B6判 400ページ 並製
定価:2500円+税
ISBN978-4-411-03108-2 C1087
奥付の初版発行年月:2017年03月/[2017年03月11日刊行]
在庫あり

内容紹介

◯ひとりごとから友だちとのやりとりまで、日常をどんどん韓国語で発信しましょう。
◯韓国の若者言葉を多数収録しており、SNS世代特有の言い回しなど韓国語の今がわかります。
◯「単語、フレーズ、表現、対話」と、いろいろな形ですぐに発信できるようになっています。
◯日本語も音声収録し、赤シートで隠せるカタカナ発音付きなので、初心者でも安心して使えます。

入門者:ハングルが読めない、あるいは書けない人でも、本に
書かれた表現をそのままキーボードで打ち込むこと
で、ウィットに富んだ生きた表現での発信が可能で
す。

初級者:解説付きの例文で、身の回りや日常のことに関する表
現、ボキャブラリーを大幅に増やすことができます。
コラムでは助詞や語尾についても説明しているので、
それらを参考に、まずは自分の言いたいことを文章に
して発信してみてください。

中級者以上:韓国語の難しいところは、見る「文字情報」と聞こえ
る「音情報」がかけ離れているところです。音声CDを
用いて、文字と音を一致させる学習をしてみましょ
う。また日本語の直訳ではない、韓国語らしい表現、
ニュアンスの違い、インターネット語や若者言葉など
もぜひ学んでみてください。

目次

はじめに  

本書の使い方 
 
Scene01 朝
 01 起きる  
 02 洗顔・歯磨き  
 03 朝食  
 04 身じたく  
 05 天気  

つぶやきコラム 子音だけの言葉と絵文字・顔文字  

Scene02 通勤・通学
 01 徒歩・自転車  
 02 バス・電車  
 03 車・タクシー  

つぶやきコラム 「とても」を使って作文しましょう  

Scene03 会社・学校で
 01 会社  
 02 学校  
 03 アルバイト・就職・開業  

つぶやきコラム 基本の助詞を覚えましょう1(格助詞編)  

Scene04 家事
 01 掃除  
 02 洗濯  
 03 料理  

つぶやきコラム 基本の助詞を覚えましょう2(補助詞編)

Scene05 家族
 01 転勤・引っ越し  
 02 家族・親戚  
 03 妊娠・出産  
 04 子育て  

つぶやきコラム 基本の語尾を覚えましょう

Scene06 昼休み・休憩
 01 外食ランチ  
 02 弁当・テイクアウト  
 03 カフェ  
 04 おやつ  

つぶやきコラム 基本の時制を覚えましょう1

Scene07 グルメ・ショッピング
 01 外食  
 02 買い物  
 03 ファッション  

つぶやきコラム  基本の時制を覚えましょう2   

Scene08 イベント
 01 旅行  
 02 受験・入学・卒業  
 03 スポーツ観戦  
 04 誕生日  
 05 記念日・休日  
 06 年中行事  
 07 結婚  
 08 その他の冠婚葬祭  
 09 飲み会・女子会  

つぶやきコラム よく使う語尾を覚えましょう  

Scene09 恋愛
 01 合コン・婚活・お見合い  
 02 デート・交際  
 03 別れる  

つぶやきコラム 数詞を覚えましょう  

Scene10 美容・健康
 01 運動  
 02 ダイエット  
 03 肌  
 04 ヘア・ネイルケア  
 05 体調  

つぶやきコラム 方向を覚えましょう  

Scene11 家で
 01 テレビ・映画・音楽鑑賞  
 02 読書・趣味  
 03 ペット  

つぶやきコラム 間違えやすい副詞  

Scene12 パソコン・携帯
 01 携帯電話  
 02 パソコン・インターネット  
 03 メール・SNS  

つぶやきコラム 直訳しにくい副詞  

Scene13 夜
 01 夕食  
 02 お風呂に入る  
 03 寝る  

Scene14 韓国エンタメ関連
 01 ドラマ  
 02 K-POP  
 03 ファン  

つぶやきコラム 間接話法を覚えましょう  

        よく使うSNS語の変形パターン  

日本語索引  

コメントを残す


駿河台出版社 Phone 03-3291-1676 〒 101-0062 千代田区神田駿河台3-7
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。
掲載されている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。駿河台出版社の社員によるもの、上記以外のものの著作権は株式会社駿河台出版社にあります。 書影を除く書誌情報は、販売・紹介目的に限り利用を認めます。