会社概要会社概要 サイトマップサイトマップ お問い合わせお問い合わせ

ようこそ!韓国語の世界へ

ようこそ!韓国語の世界へ

チョ・ヒチョル 著, 金 珉秀 著, 石 賢敬 著
B5 160ページ 並製
定価:2000円+税
ISBN978-4-411-03110-5 C1087
奥付の初版発行年月:2017年05月/[2017年05月19日刊行]
在庫あり

内容紹介

ハングルの発音・書き方から、基本文法・基本会話まで、
はじめて韓国語を学ぶ人のための入門書です。

豊富な写真、イラストでゼロからの学習者に最適です。

著者プロフィール

チョ・ヒチョル(チョ ヒチョル)

東海大学国際教育センター教授
2009~2010年度NHKテレビ「テレビでハングル講座」講師
著書に『1時間でハングルが読めるようになる本』、
『1日でハングルが書けるようになる本』、『3語で韓
国語会話ができる本』、『韓国語の活用がたった3パ
ターンでわかる本』、『マンガでわかる!1時間でハ
ングルが読めるようになる本 (ヒチョル式)』〈学研〉
などがある。

金 珉秀(キム ミンス)

東海大学国際教育センター特任講師
筑波大学大学院文芸・言語研究科博士課程修了(言語学博士)
著書に『間違いだっておもしろい!わらってわらっ
て韓国語』、『耳にスイスイ韓国語の発音マスターノ
ート』、『韓国語学習者はかんちがいの達人!?』、『マ
インドマップを使えばどんどん書ける!韓国語初級
ライティング』、『韓国語を話したいと思ったら̶は
じめての韓国語会話』〈駿河台出版社〉などがある。

石 賢敬(ソク ヒョンギョン)

東海大学・昭和女子大学・関東学院大学非常勤講師
大阪外国語大学大学院言語社会研究科博士前期課程修了
東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程修了(学術博士)
共著に『まいにちハングル講座』〈NHK出版〉、『み
んなの韓国語1・2』〈白帝社〉、『韓国語へのとびら』
〈朝日出版社〉などがある。

目次

1 ハングルの世界 
 1-1 ハングルで自分の名前を書いてみよう! 
 1-2 名前を分解してみよう 
 1-3 ハングルの構造 
 あいさつ語を覚えよう その1 

2 文字と発音(1) 母音 
 2-1 単母音を読もう 
 2-2 合成母音を読もう 
  ①ヤ行の母音(半母音 [j]+単母音) 
  ②ワ行の母音(半母音 [w]+単母音) 
 2-3 二重母音を読もう 
 あいさつ語を覚えよう その2 

3 文字と発音(2) 子音〈初声〉(その1) 
3-1 鼻音と流音 
3-2 平音 
発音規則:有声音化① 
あいさつ語を覚えよう その3 

4 文字と発音(3) 子音〈初声〉(その2) 
4-1 激音 
4-2 濃音 
あいさつ語を覚えよう その4 

5 文字と発音(4) 子音〈パッチム〉(その3) 
5-1 鼻音と流音のパッチム 
発音規則:有声音化② 
発音規則:連音化 
5-2 平音・激音・濃音のパッチム 
発音規則:終声の中和 
あいさつ語を覚えよう その5 
子音字の名前 
韓国いろいろ1 朝鮮半島の地図 

第2部 会話と文法編
1 시간 있어요? 時間ありますか。 
part1 1 있어요, 없어요 2 네, 아뇨 
part2 1 –가, 이 
韓国いろいろ2 家族の呼称 

2 사과 주세요. りんごください。 
part1 1 주세요 
part2 1 이, 그, 저/어느 2 –를/을 
韓国いろいろ3 部屋 

3 친구예요. 友達です。 
part1 1 –는, –은 2 –예요, –이에요 
part2 1 漢字語数詞 
韓国いろいろ4 国 

4 여행을 하고 있어요. 旅行をしています。 
part1 1 뭐 2 –고 있어요 
part2 1 뭘 
韓国いろいろ5 趣味 

5 하코네에 가고 싶어요. 箱根に行きたいです。 
part1 1 –고 싶어요 2 –에 
part2 1 –를/을 
韓国いろいろ6 場所 

6 생일이 언제예요? 誕生日はいつですか。 
part1 1 –가/이 2 年月日 
part2 1 –가/이 아니에요 2 曜日 
韓国いろいろ7 月日 

7 한국말 잘하시네요. 韓国語お上手でいらっしゃいますね。 
part1 1 –가/이 2 –네요 
part2 1 –네요 2 –를/을 못해요, –를/을 잘해요 
韓国いろいろ8 身体 

付録 
 韓国語の助詞一覧表 
 指示代名詞の一覧表 
 発音規則のまとめ 

索引
 
別冊解答

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


駿河台出版社 Phone 03-3291-1676 〒 101-0062 千代田区神田駿河台3-7
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。
掲載されている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。駿河台出版社の社員によるもの、上記以外のものの著作権は株式会社駿河台出版社にあります。 書影を除く書誌情報は、販売・紹介目的に限り利用を認めます。