会社概要会社概要 サイトマップサイトマップ お問い合わせお問い合わせ

スルガダイマガジン

編集Aの駿河台的日常9 2014年10月 その5

2015-02-21

いつもお世話になっている韓国語の先生が来社。

新企画のお話。なかなかよさげ。原稿の完成度がかなり高い先生なので、わりとスムーズに進められそう。

来年の春ぐらいには出せそうかな。

進行中の韓国語教材の収録。

ナレーターは初めてお願いするお二人だったが、お人柄もよく、収録にも慣れているので、長時間の収録もストレスを感じることなくできた。

始まる前は時間内に終わるかどうかなどいろいろ不安だったけど、無事終わり感謝感謝。

収録が終われば、いよいよ先が見えてくる。

ラストスパートがんばろう。

11月1日は出社日だったので、神保町ブックフェスティバルに行ったけど、あいにくの雨で中止になっていた。残念。

たしか去年も自分が行った日は雨だったような……晴れ男なのに。

 

009

お昼は会社近所でやっていたカレーフェスティバルでチキン南蛮カレーを食べてみた。チキン大好きなんです。

 

008

 

日曜日は、荻窪カラスアパラタスで「詩人なき詩Ⅱ」。

佐東梨穂子は本当に素晴らしい。

001

 

 

安田峰俊『知中論』星海社新書

著者の中国に対する距離感にはすごく共感できる。多少気を遣いすぎかなと感じる箇所もあるが、バランスよく書かれている。中国論の若手では最も信頼できる書き手なのは間違いない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


駿河台出版社 Phone 03-3291-1676 〒 101-0062 千代田区神田駿河台3-7
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。
掲載されている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。駿河台出版社の社員によるもの、上記以外のものの著作権は株式会社駿河台出版社にあります。 書影を除く書誌情報は、販売・紹介目的に限り利用を認めます。